お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)へのゴムかけによる効果とは?

「歯列矯正でよく聞くゴムかけって何なの?」
「ゴムかけ治療を勧められたけど、どういう効果があるの?」

このように、歯列矯正の治療のときにゴムかけ治療を持ち掛けられた経験があると思います。
しかし、どのような効果があるのか詳しく知らないですよね。
今回は、歯列矯正の専門家が、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)へのゴムかけによる効果について解説します。

 

□特徴
歯列矯正で使用されるゴムは、顎間ゴムと言われる医療用のゴムです。
上の歯と下の歯の矯正器具に引っ掛けて使用します。
ゴムの形状により効果が変わります。
ゴムの太さが増すごとに引っ張る力が強くなります。
また、ゴムかけは複数のカラーバリエーションがあり、自分の歯に合わせた目立たない色を選択できます。

 

□ゴムかけの効果
ゴムかけによる治療によって、かみ合わせや、上あご前突(出っ歯)、受け口(しゃくれ)といった矯正が可能です。

 

□ゴムかけの注意点
ゴムかけを付ける際に、注意すべきことが4つあります。

*鏡を見ながらつける
最初は、ゴムかけを付けるのが難しいです。
そのため、慣れてくるまで鏡を見ながら付けましょう。

*マウスピースを装着中は取らない
マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は、1日に20時間は装着しないと効果が現れにくいです。
そのため、歯を磨くときと食事をするとき以外は、装着する必要があります。
ゴムかけも同様に、長時間付けないと効果が現れにくいです。

*一日一回取り換える
ゴムかけは消耗品です。
長時間付けるとゴムが緩み、効果が薄まって切れる可能性が高まります。
そのため、1日おきにゴムかけを交換しましょう。

*ゴムが切れたら取り換える
ゴムは、話しているときや、付けるときに切れる可能性があります。
そうなった場合、すぐにゴムを付け替えましょう。
ゴムかけは一度に数十個の購入ができます。
そのため、お出かけの際は、予備のゴムかけを持ち運びましょう。

 

□まとめ
今回は、歯列矯正の専門家が、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)へのゴムかけの効果について解説しました。
マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)による治療では、歯並びだけでなく、ゴムかけを使うことで、かみ合わせなどを矯正できます。
歯列矯正をお考えの方は、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)による矯正はいかがでしょうか。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP