お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

遺伝だけではない!?子供の歯並びが悪い原因をご紹介!

「子供の歯並びが悪いので治してあげたい」
「歯並びが悪くなる原因を知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
歯並びは人の印象をとても左右するものです。
また、歯並びが悪いと健康に様々な悪影響を与えます。
そこで今回は、歯並びが悪くなる原因と、歯並びを改善する方法をご紹介します。

 

□歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因はいろいろあります。

*遺伝

もともと日本人の遺伝的に顎が小さい特徴があります。
さらに親の顔の骨格、骨の大きさや骨の位置、歯や舌の位置や大きさなどが子どもに遺伝します。
それぞれが複雑に関係して、最終的に似たような歯並びになってしまうのです。

*成長途中の歯並びの変化

歯並びは歯の大きさと顎の大きさの影響をとても受けます。
最近の子供たちの歯の大きさは昔に比べて大きくなっている一方、顎の大きさは小さくなっています。
その結果、小さいスペースに大きい歯が並ぶのできれいに揃わず、前に出たり、2つに歯が重なったりしてしまいます。

*クセ

小さい時に良くするクセで「指しゃぶり」や「爪噛み」、大きくなってからは「頬杖」などが悪いクセにあたります。
これによって噛み合わせが悪くなったり、顎の成長が妨げられたりします。

 

□歯並びの改善方法

では、歯並びを治すにはどうすればいいのでしょうか?

*よく噛む

どんな食材でもいいので、左右の奥歯でバランス良く噛むことで顎がきれいに成長します。
また、噛むときには足がきちんとついていたり、背筋がまっすぐになっていたりと、良い姿勢をキープすることも重要です。

*クセを治す

上で紹介した悪いクセを治すことで、歯にかかる負担を無くしましょう。
子供の時から取り組むことで、将来歯並びが悪くなるのを防げます。

*歯科医院に行く

もちろん1番良い方法は、歯科医院に行って子供に合った矯正治療や歯並びを改善するトレーニングをしてもらうことでしょう。
現在ではプレート矯正やマウスピース矯正、ブラケット矯正など多くの治療方法が存在します。
さらに矯正していることが分かりにくくする色付きや、舌側に矯正器具をつける方法も生まれてきて、子供が安心して付けられるようになりました。
やはり費用はかかりますが、個人でするより効果が見込める最善策だと言えます。

 

□まとめ

今回は、歯並びが悪くなる原因と、歯並びを改善する方法をご紹介しました。
歯並びは子供が小さい時に矯正を始める方が効果が高くきれいになりやすいです。
当社では小児歯科専門医によって適切な治療を行っています。
子供の歯並びの矯正治療についてお悩みでしたら、お気軽にご相談・ご訪問ください。

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP