お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

子供の矯正ってどれくらいかかる?費用の相場をご紹介!

「子供の歯並びを良くしたい」
「矯正を始めるにはどれくらい費用がかかるのかな?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
費用の相場を把握しておかないと、矯正にどれくらいかかるのか不安になると思います。
矯正治療は治療中だけでなく、治療前や治療後にも費用がかかります。
そこで今回は矯正治療の費用の相場を詳しく解説します。

 

□治療前の費用

*初診費用

始めて治療に訪れた際は、子供の歯に関して気になることや悩んでいることを相談します。
「歯が重なって生えてきている」や、「食べ物を噛むときに変なクセがある」などが挙げられます。
また、口内がどのような状態かを簡単に診察することもあります。
診察の仕方は歯科医院によって違うので、費用が異なってきます。

*診察費用

より詳しく口内の状態を調べるために検査をしていきます。
口内の写真を撮ったり、レントゲン撮影を行って噛み合わせを調べたり、他にも矯正をする場合には歯の型取りを行います。
費用は10000円~50000円です。

*診断費

診察に基づいた治療計画を作っていきます。
どの種類の矯正を行うか、矯正を続ける期間などから治療方針を決めます。
子供の骨格や歯並びの状態によって治療の期間や費用が異なってきます。
費用は約10000円~50000円かかります。

 

□治療中の費用

子供の矯正は時期によって費用が異なります。

*第1期治療

まだ永久歯が生え替わる前から矯正を始める治療を言います。
歯列矯正をする前に、矯正の効果が出るよう準備をします。
永久歯がきれいに生えるに揃うように上下の顎のバランスを整える矯正を行います。
費用は約20万~40万円です。

*第2期治療

永久歯が生えそろっている子供はここから治療を始めることになります。
基本的には大人と同じようにワイヤー矯正やプレート矯正を行います。
費用は後で紹介する矯正器具によって異なります。

 

□矯正器具別の費用

矯正器具によっても費用は異なってきます。

*プレート矯正

顎を広げてきれいな形に成長するように固定するために、歯の内側にプレートの器具を装着する治療方法です。
主に第1期治療に行う治療で、費用が約30万円~60万円になります。

*マウスピース

顎がまだ柔らかい第1期の治療に用います。
費用が安く、着脱式のため、矯正治療の主流となっています。
学校から帰宅してからや就寝時だけなど、マウスピースを付ける時間帯を自分で決められるので、子供にも負担が少ない矯正方法です。
費用は約10万円になります。

*ブラケット治療

歯の表面に四角の留め具を固定して、これにワイヤーを通して歯の並びを広げていきます。
子供の第2期や大人の主な治療方法がこれになります。
第1期から治療を継続して行う場合は治療費が安くなります。
費用は約50万~70万円になります。
また、ブランケット治療では、ワイヤーが歪んでしまった時は交換する必要があります。
交換の費用は1回約3000円です。

*リンガルブラケット治療

歯の表面ではなく、リンガル(舌側)に留め具を固定する方法です。
そのため、矯正をしていることが目立たないようできます。
費用は約70万~90万円と高くなりますが、矯正器具が見えるのが気になる方にはこちらがおすすめです。

他にも治療後に歯並びが戻らないように、定期的に通院する必要があるので、考慮しておきましょう。

 

□まとめ

今回は矯正治療の費用の相場を解説しました。
歯の矯正は高額だと思いますが、歯並びが悪いと健康に様々な悪影響を与えます。
当社では小児歯科専門医によって適切な治療を行っています。
子供の歯並びの矯正治療についてお悩みでしたら、お気軽にご相談・ご訪問ください。

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP