お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

歯並びが悪いとどうなるの?子供に与える影響を解説!

「子供の歯並びが気になる」
「歯並びが悪いとどんな影響があるの?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
スポーツ選手だと噛み合わせが良くないとうまく力を発揮できないと言われますが、これはスポーツ選手に限ったことではありません。
一般の方も歯並びが悪いと日常の生活や健康に様々な影響を与えることがあります。
そこで今回は歯並びが悪くなる原因と、その影響についてご紹介します。

 

□歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる理由はいくつかあります。

*遺伝

もともと日本人の遺伝的に顎が小さい特徴があります。
さらに親の顔の骨格、骨の大きさや骨の位置、歯や舌の位置や大きさなどが子どもに遺伝します。
それぞれが複雑にからまって、最終的に似たような歯並びになってしまうのです。

*成長途中の歯並びの変化

歯並びは歯の大きさと顎の大きさの影響をとても受けます。
最近の子供たちの歯の大きさは昔に比べて大きくなっている一方、顎の大きさは小さくなっています。
その結果、小さいスペースに大きい歯が並ぶのできれいに揃わず前に出たり、2つに歯が重なったりしてしまいます。

*クセ

小さい時に良くするクセに「指しゃぶり」や「爪噛み」、大きくなってからは「頬杖」などが悪いクセにあたります。
これによって噛み合わせが悪くなったり、顎の成長が妨げられたりします。

これらによって歯並びが悪くなります。
では、歯並びが悪いとどのような影響があるのでしょうか?

 

□歯並びが悪いとどうなるの?

歯並びが悪いと体だけでなく美容面でも影響があります。

*美容面での悪影響

歯並びは輪郭の形のとても重要な要素です。
歯並びが悪いと輪郭の形も損なわれるので、きれいな見た目になりにくいです。
また歯並びが気になると人前で笑うことに抵抗を感じ、上手く笑えなくなることもあります。

*身体面での悪影響

噛む力が弱まり、噛み砕かず飲み込んでしまいます。
そのため消化器官への負担がかかります。
また歯並びが良くないと、歯磨きできちんと歯垢を掃除しにくいので、磨き残しに繋がります。
もちろん虫歯や歯周病にもなりやすくなります。
さらに歯並びが悪く歯に隙間があると空気が抜けてしまいます。
その結果、言葉をはっきり発音できなくなる可能性もあります。

このように歯並びが悪いと人間の体には様々な影響が出てきます。
歯並びは早期の治療が時間もかからず、効果も現れやすい。
子供の歯並びが気になる方はぜひ治療を進めましょう。

 

□まとめ

今回は歯並びが悪くなる原因と、その影響についてご紹介しました。
子供の内からの歯列矯正はとても効果があります。
当社では、そんな子供の歯並びを治すための第1歩になる歯科医院を目指しています。
子供の将来の歯並びが気になる方は是非お気軽にご訪問ください。

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP