お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

子供の歯並びを矯正しよう!費用を安くする方法をご紹介!

「子供の歯並びを治してあげたいけど費用が高くて手が出ない」
「費用を安くする方法を知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
歯並びを矯正したいと思っても費用が高額なので、治療を悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は治療費をできるだけ安くする方法をご紹介します。

 

□小さい時期から始めて費用を抑えよう!

小さい時から矯正を始めることで費用を安く抑えられます。
まだ骨が柔らかい時期から治療を始められれば、永久歯が生え変わってからの治療に比べて簡単に歯並びを治すことができます。
そのため費用を抑えられます。

 

□矯正を安くする方法

*表側矯正をする

最近では矯正していると分かりにくいように歯の裏側に付ける装置や、歯の色に近い矯正器具も増えてきました。
しかし費用面だけを考えると、昔からの主流である金属を使ったブラケット治療が1番費用を安くできます。

*部分的に矯正する

「前歯〇本だけ治療したい」「歯並びが悪いところだけ歯列矯正したい」
このような方は部分的な治療を行う方が費用を安くできます。
しかし歯並びによっては全体の歯並びを整えることで、気になる箇所を治療する場合もあります。
歯科医の方に自分の希望を伝えて、可能かどうか相談してみましょう。

*金属素材のブラケットにする

ブラケット矯正には金属以外にもセラミックや透明の素材のブラケットがあります。
しかし金属ブラケットは他の素材に比べて丈夫なので、メンテナンスのために通院する回数が少なくなります。

 

□支払い方法を見直す

矯正の費用は約数十万~数百万円と高額になります。
そのためお客様に合った、様々な支払い方法があります。

*総額制

治療を始める前に治療費を先に全額払ってしまいます。
もし治療が長引いてしまっても、追加で支払う必要がないので、まとまったお金がある方や、治療費を通院の度に払いたくない人におすすめです。
ただし、治療が早く済んだとしても払ったお金が戻ってこないことは注意注意しましょう。

*処置料別払い制

治療や通院の都度、費用を払う方法です。
矯正の費用は一括で払うととても高額になるので、分割で払うことで一度の負担を軽くできます。
デメリットは治療が長くなるとその分費用が高くなるので、自分の歯並びについて歯科医と相談して決めるのも良いでしょう。

 

□保険を適用して費用を安くする

一部の歯列矯正には保険が適用できます。

*先天異常

遺伝などにより、生まれつき異常があり、指定された疾患の場合保険を適用できます。
この保険は自治体によっても異なるので、ご自身の地域の内容をご確認ください。

*顎変形症

外科手術によって顎の形を変える場合は保険が適用されます。
ただし、顎口腔機能診断施設と認定されている医療機関で治療を行う必要があります。

 

□まとめ

今回は子供の歯並びを矯正する際に、治療費をできるだけ安くする方法をご紹介しました。
歯の矯正は高額だと思いますが、歯並びが悪いと健康に様々な悪影響を与えます。
そのため歯並びが気になる方は矯正を行うことをおすすめします。
当社では小児歯科専門医によって適切な治療を行っています。
子供の歯並びの治療についてお悩みでしたら、お気軽にご相談・ご訪問ください。

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP