お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

【苫小牧にお住まいの方必見!】子どもの正しい歯磨きの方法について

「子どもの歯の正しい磨きの方がわからない・・・。」
「この磨き方で合っているのだろうか?」
このように、子どもの歯の磨き方が正しいのかわからないと心配のご家族の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
歯磨きは歯の健康に欠かせません。
しかし、正しい歯の磨き方をしなければ歯に悪影響を及ぼしてしまいます。
そこで今回は、苫小牧にお住まいの方必見!子どもの正しい歯磨き方法についてご紹介します。

 

□歯磨きで意識すること

*歯ブラシをペンを持つように持つ

歯を磨くときに力が入りすぎてしまうと歯をしっかり磨けないだけでなく、歯や歯茎を傷つけてしまいます。
歯ブラシをペンを持つように軽く持ち、力加減に注意して小刻みに動かすことで歯垢を落とせます。

*磨く場所を意識する

歯を磨くポイントは力加減ではなくどこをしっかり磨けたかです。
歯の表面や歯と歯茎の間を歯ブラシの先で磨くようにしましょう。
また、歯の表面を磨く場合は歯ブラシの先を直角に当て、歯と歯茎の間を磨く場合は歯ブラシを45度に傾けて当てるように意識しましょう。

*歯がしっかり磨けているか確認をしながら磨く

歯の磨き方にはそれぞれ人によって癖があり、自分ではしっかり磨けているつもりでも、実際は磨けていないことが多々あります。
そのため磨き残しがないように鏡で確認しながら磨くことが大切です。

歯の裏側が見えにくいときは鏡を2枚使い、1枚を口元の近くに持ってくることで確認できます。

 

□歯磨き以外でできる歯の汚れを落とす方法

*デンタルフロス

歯と歯の間の汚れを落とすことに適しており、手で持つホルダータイプや糸巻きタイプのものがあります。
糸巻きタイプは慣れるまで時間がかかるため、初心者の方はホルダータイプがおすすめです。

*歯間ブラシ

デンタルフロスと同様、歯と歯の間の汚れを落とす際に使用します。
歯と歯の隙間に適したサイズを買うようにしましょう。

歯ブラシだけでなく、歯間の汚れを落とすのに適したグッズを併用することで、さらに歯の汚れを落とせます。

 

□まとめ

今回は、苫小牧にお住まいの方必見!子どもの正しい歯磨き方法についてご紹介しました。
歯は一生ものです。
正しい歯の磨き方をしっかり意識してお子様に指導しましょう。
今までの歯の磨き方を変えることは定着するまで大変ですが、子どものうちから正しい歯の磨き方を習慣づけて歯の健康を保てるように心がけてあげてください。
他にも何か歯についてご不明点がございましたら、ぜひ一度当院までご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP