お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

【苫小牧にお住まいの方へ】子どもの虫歯を防ぐポイントとは?

「子どもの虫歯を防ぐ方法が知りたい!」
「子どもが虫歯にならないように出来ることはなんだろう?」
このように、子どもの虫歯対策に良い方法がないかとお考えのご家族の方が多くいらっしゃるかと思います。

歯は一生もののため、子どもの頃からしっかり対策を行い虫歯を防ぐことが大切です。
歯を健康に保つためにできることはたくさんあります。
そこで今回は、苫小牧にお住まいの方必見!子どもの虫歯を防ぐポイントについてご紹介します。

 

□おうちで行う対策

*周りの大人の方は虫歯を治療しておく

生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌を持っていません。
周囲の大人の方が虫歯をしっかり治療しておくこと、食器を共有しないなど、できるだけ子どもに虫歯菌が感染しないように心がけるようにしましょう。

*正しい歯の磨き方を習慣づける

子どもが自分で歯を磨ける年齢になったら、正しい歯の磨き方を練習して身に着けるようにしましょう。
またお子様がしっかり歯が磨けているか親御さんが仕上げ磨きをしてあげることも習慣にすることをおすすめします。

*歯石が見える染め出し液を使用する

歯垢染め出し液とは、歯に付着した歯垢を染め出す溶液のことです。
この歯垢染め出し液を使うことで、子どもが普段しっかり磨けていない場所などが一目でわかります。
定期的に使うことで子ども自身も磨き残しをしやすい部分を意識するようになるためおすすめです。

 

□食習慣の注意点

*おやつの内容に気をつける

おやつにも様々な種類があります。
おやつの内容を虫歯になりにくいものに変えることが大切です。

*だらだら食べない

おやつをだらだら食べ続けると、糖が長時間口の中に残ります。
虫歯菌はこの糖をエサに酸を作り虫歯ができやすい環境を作ってしまいます。
そのため間食の時間をしっかり決めておくようにしましょう。

 

□歯科で定期健診を受ける

歯が痛くなってから歯医者に行くと「歯医者は痛い、怖い」というイメージが子どもに定着してしまいます。
予防の時から通うことで子どもの歯医者へのイメージは検診と歯のクリーニングを行う場所、つまり怖い場所ではなくなるのです。

 

□まとめ

今回は、苫小牧にお住まいの方必見!子どもの虫歯を防ぐポイントについてご紹介しました。
正しい知識を持って対処することで虫歯を防ぐことは可能です。
子どもの将来のためにできる対策をしっかり施しましょう。
他にも何か歯についてご不明点がございましたら、ぜひ一度当院までご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP