お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

お子さんが矯正中の方必見!子供の歯ブラシや矯正器具のケアについて紹介

「子供が矯正中だけど、虫歯になったりしないかな…」
「矯正器具のケアはどうすればいいの?」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
矯正器具のケアやブラッシングのやり方がわかっていないと、虫歯につながる可能性があります。
お子さんの歯並びが矯正で綺麗になっても、虫歯になってしまっては元も子もありませんよね?
そこで、今回は矯正器具のケアやブラッシングのやり方についてご紹介します。

 

□矯正期間中のブラッシング

*ブラケット周辺

ブラケット上下には空間があり、ここに汚れがたまりやすいです。
そのため、歯に対して歯ブラシをだいたい斜め45度の角度で当てて、入念に歯磨きしましょう。
この時に、一度に歯全体を磨こうとすると、汚れが残ってしまう可能性があります。
お子さんの歯のためにも上下に分けてしっかり磨くことを意識しましょう。

*歯の間のブラッシング

歯の間も汚れがたまりやすい場所です。
歯の間は歯ブラシを縦に当てて磨くことを意識しましょう。
また、歯ブラシでは取り切れない汚れをとるために、歯間ブラシの使用をおすすめします。

*歯と歯茎の間のブラッシング

歯と歯茎の間は、斜め45度に歯ブラシを当てて、しっかり汚れを落とすためになるべく小刻みに揺らしながらブラッシングしてください。
また、一つ一つの歯にしっかり時間をかけて磨くことを意識しましょう。
そうすることで、お子さんの歯を健康に保てます。

 

□矯正器具のケア

*ワイヤー矯正、裏側矯正

ワイヤー矯正、裏側矯正の場合は基本的に取り外せないので、ブラッシングでケアをしましょう。
矯正器具のケアを怠ってしまうと、虫歯や歯周病のリスクが上昇します。
お子さんの歯のためにもしっかり時間をかけてブラッシングしましょう。

*マウスピース

マウスピースのケアは歯医者やメーカーによって異なります。
基本的には、取り外してブラシでしっかり洗浄することで汚れを落とせます。
しかし、力を入れすぎてしまうと、マウスピースが壊れてしまったり、小さな傷から菌が繁殖してしまったりする可能性があります。
そのため、丁寧にやさしい力で洗浄することを意識しましょう。

*リテーナー

リテーナーという矯正治療後の後戻りを防止する装置があります。
この装置も歯医者によってケアのやり方が異なります。
歯ブラシで洗浄する方法、専用の洗浄剤に浸しておく方法など様々です。

 

□まとめ

今回は矯正器具のケアやブラッシングのやり方についてご紹介しました。
矯正中に歯磨きを怠ってしまうと、せっかく歯並びが綺麗になった歯に虫歯ができてしまいます。
今回の記事を参考にしっかり、お子さんの歯を磨いてみてください。

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP