お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

子供の受け口を治すには?原因と矯正治療についてご紹介

「子供の受け口は何が原因なのか知りたい!」
「子供の受け口を解消するにはどうしたらいいのだろう?」

子供の受け口についてお悩みの方はいませんか?

受け口は、しゃくれとも言われる、下あごが前に出てしまっている状態です。
この症状は自然に治る可能性が低く、成長と共に治療が難しくなります。
大人になってから悩みの種になることがないよう、子供のうちに治しておきたいですよね。

今回は、受け口になる原因と治療法についてご紹介します。

 

□受け口になる原因とは?

*骨格

親や親族に受け口やしゃくれの方がいる場合、遺伝によって発現する骨格から受け口が発生することがあります。
これは、下あごが成長し過ぎてしまって前歯のかみ合わせが逆になり、更に下あごが成長している状態です。

*前歯歯軸

前歯が内側に傾斜すると、下あごの前歯が外側に出てしまい、受け口になってしまう可能性があるでしょう。
この状態を「反対咬合」と呼び、早期の治療によって受け口を改善できる可能性が高いです。

*癖によるもの

癖で無意識に下あごを出してしまう子供もいます。
また、口呼吸が癖になっている場合は舌の位置が不安定になり、あごを前につきだしてしまう方もいます。

 

 

□子供の受け口におすすめの治療法

受け口を予防しようと思っても、遺伝によるものや子供の癖によるものは対応が難しいですよね。
そこでおすすめなのが、小児矯正による受け口の改善です。
子供の体は成長途中のため、あごの骨自体も成長過程にあり、だんだんと大人の歯に生え変わっていきます。
歯の矯正も成長発育を正しい方向にリードして、歯とあごを正しい位置に調整していきながら、成長に従って行うのが望ましいです。
子供のうちに治療を始めれば完治ができる可能性もあります。
大人になってから治療をするより、早めから対応をすることが賢明でしょう。
矯正治療は長期間かかりますが、装置を入れた状態でもスポーツなどには影響はありません。
一度、矯正という解決方法についても考えてみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は、受け口になる原因と治療法についてご紹介しました。
受け口になる原因とその治療方法について理解していただけましたでしょうか。
今回の記事を参考に、子供の受け口の治療について考えてみてはいかがでしょうか。
当院では、厚生労働省から認定された小児歯科専門医が治療を行います。
子供の歯並び、受け口の治療についてお悩みでしたら、お気軽にご相談・ご訪問ください。

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP