お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

何気ない癖が歯並びを悪くする?!苫小牧で矯正をお考えのあなたへ!

「自分の歯並びに自信が持てない」
「子どもの歯並びが気になる」
「矯正をした方がいいのか分からない」

このように歯並びについて悩んでいる方は多いのはないでしょうか。
実は歯並びは、日常の何気ない癖で悪化してしまう可能性があります。
せっかく矯正をしても、また歯並びが悪くなってしまっては困りますよね。
そこで今回は、歯並びを悪化させる癖についてご紹介します。
これを読んで悪い癖を直し、綺麗な歯並びを守りましょう!

 

□癖が歯並びを悪化させる?

歯列は唇、頬の肉、舌といった筋肉に周りを囲まれています。
歯はこの筋肉の圧力のバランスがとれた位置に並ぶと言われています。
もし唇が前歯を中に押す力が弱くて、舌が前歯を外に押し出す力が強ければ、前歯は徐々に外側に押し出されていきます。
この結果、前歯が飛び出た歯並びになります。
他にも、成長期にいつも食事を片側の歯だけで噛んでいると、歯列が左右で非対称になってしまう場合があります。
このように、歯列周囲の筋肉のバランスや習慣に問題があると、歯並びに悪影響を与えてしまうのです。

 

□歯並びを悪化させる癖にはどんなものがある?

*指しゃぶり

指をしゃぶっていると、出っ歯や開咬(かいこう、常に前歯が開いた状態のこと)になることがあります。
頬をすぼめて指をしゃぶる癖があると、上あごの歯列の幅が狭くなったり、上下の奥歯の噛み合わせがずれてしまったりする可能性もあります。

*舌を前に出す

舌を前に出したり、口を開けて上下の前歯の間に舌を挟んだり、舌で裏側から歯を押したりする癖は、出っ歯や開咬につながります。
この癖は、舌の先端の位置が正しい位置よりも、低く少し前にあることが問題です。
発音が不明瞭になったり、食べるときに音を立ててしまったりなどの影響が出ます。

*頬杖(ほおづえ)

頬杖を長く続けていると、あごの成長が未熟になってしまいます。
他にも、うつぶせで寝ることもあごの成長を妨げます。
これは噛み合わせがずれることにつながります。

*口呼吸

口呼吸をしている間は、口が開けっ放しの状態です。
すると、常に下あごと舌の位置が本来の位置よりも下がってしまいます。
この結果、口の筋力やあごの成長に悪影響を与え、あごの幅が狭くなったり、前歯が出やすくなったりします。

 

□悪化してしまった歯並びはどうする?

歯並びを治療するには、基本的に歯列矯正が必要です。
最近では、部分矯正や、目立たない装置を使った矯正など、気軽にできる方法もたくさんあります。
歯並びの悪さに悩んでいる人は、まず一度、信頼できる歯医者へ相談してみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は、歯並びを悪化させる癖についてご紹介しました。
無意識にしている癖が歯並びに悪影響を及ぼしていることもあります。
お子さんの歯並びが気になる方は、早いうちに悪い癖を直して、歯並びが悪化するのを防ぎましょう。

苫小牧で矯正をご検討中の方は、ぜひ当院へご相談ください。
専門医による治療、2300人以上の治療実績、分かりやすい料金体系が評判です!

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP