お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

意外と知らない?子供の矯正をするときの治療の流れ

「子供の歯並びを治療したいな。」
「子供の矯正ってどういう流れかわかんないな。」
子供の歯並びを治したい方も多いと思います。
では、子供の矯正がどういう流れかを知っている人はあまりいないのではないでしょうか?
そこで今回は、子供の矯正の流れをご紹介します。

 

□子供の矯正の流れ

子供の矯正はおおまかに「予防矯正」と「本格矯正」の2つに分けられます。
さらにそれぞれ、矯正期間のあとに保定期間をはさみます。
この3つについては後ほどそれぞれ説明していきます。
その前に全体の流れをつかみましょう。
まず、矯正歯科に行って医師に相談、診断をします。
このときにわからないことや不安なことを聞いておくと良いでしょう。
そのあと、精密検査でさまざまな写真を撮って診断のための資料を作ります。
医師は検査の結果を見て治療の計画や費用などを説明してくれます。
本人と保護者がちゃんと理解することが重要なので、しっかり話し合いましょう。
ここから予防矯正と保定期間、本格矯正と保定期間治を経て治療完了になります。

 

□予防矯正

予防矯正は簡単に言うと、あごの骨や舌などの歯の周辺の環境を整える矯正です。
あごの発育を利用するので、成長中の子供だからできる治療と言われています。
あごを拡大する装置などの、取り外しのできない装置を用いて矯正するので、特殊な歯磨きをする必要があります。
保護者の方の協力が大切になるので、しっかり磨いてあげてください。
この段階で歯の基礎となる部分を作り上げるので、とても重要な治療になるでしょう。

 

□本格矯正

本格矯正では、予防矯正で整えた基礎に合わせた歯の並び、噛み合わせなどを作っていきます。
ここでも矯正装置を用いて治療を進めていきます。
特殊な歯磨きも同様に行うので、保護者の方はしっかり協力しましょう。

 

□保定期間

保定期間とは、治療直後の不安定な歯を「リテーナー」という
装置を使って安定させていく期間になります。
リテーナーは今までの治療に用いた装置とは違い、取り外すことが可能です。
そのため、食事や歯磨きが普段と同様に行えるでしょう。

 

□おすすめ矯正歯科

子供の矯正におすすめの矯正歯科が苫小牧にあるのをご存知ですか?
「アップル小児矯正歯科」という歯科です。
ここでは医師の協力的な治療を受けられるので、治療期間も心強いでしょう。

 

□まとめ

子供の矯正の流れを知っていただけたでしょうか。
苫小牧付近に住んでいる方はぜひ一度アップル小児矯正歯科を訪れてみてください!

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP