お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)で装着するアタッチメントとは?機能や見た目をご紹介

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)による矯正を検討している際に、セットでよく見かけるアタッチメント。
矯正していることを目立たせたくないために選んだのに、アタッチメントをつけることで逆に目立つのではないかと心配になりますよね。
今回は、なぜアタッチメントをつける必要があるのか、そして、目立つことはないのかについて、ご紹介していきます。

 

⬜︎マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)による矯正
ワイヤーやブラケットを歯に固定する矯正治療とは異なり、自分で着脱できるマウスピース型の矯正装置を用いた治療です。
ワイヤーが目立ったり、食事の際に食べ物が挟まったり、歯磨きがしにくかったりといった、抵抗感やストレスを減らせます。
患者一人ひとりに合わせたオーダーメイドのマウスピースを設計し、各工程に合わせてマウスピースも変化させていくことで、治療を行います。
その治療の際には、多くの場合「アタッチメント」を歯に貼り付けるのですが、その必要性を次にご説明します。

 

⬜︎アタッチメントとは?
アタッチメントは、歯の詰め物をする際に使用する材料と同じ材料を用いてつくられていて、治療後には撤去されます。
そのため、歯と同じような色味で目立たない工夫がなされている上に、凸凹が目に付かないようにしてくれる病院もあります。

矯正治療では、歯をどのように動かしていくかがとても重要となります。
マウスピース単独では、歯の細かい移動をコントロールすることは難しいため、アタッチメントが必要なのです。
アタッチメントで、歯に与える力を細かく調整して、効果的に動かしていくことで、マウスピースによる矯正能力を高められます。
矯正治療のための、歯の動かし方に合ったアタッチメントの数や設置場所が決められます。

また、アタッチメントは断面を見た際の斜め上から、マウスピースによる力が歯へ加わるため、歯の傾きを正しく修正していく役割もあります。
しかし、アタッチメントを付けない場合は、歯の移動をスムーズにできず、治療が進まない可能性があります。

 

⬜︎まとめ
スムーズな矯正治療に欠かせないアタッチメント。
マウスピースだけでは、コントロールできない細かな歯の移動や力の掛け方を、アタッチメントを装着することで可能にし、理想的な歯並びへと近づけます。
目立たないためのマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザラインの効果を損なわない工夫もされているため、矯正治療を検討中の方はぜひ一度、病院で相談してみてはいかがでしょうか。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP