お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

放っておくと危険?歯並びが悪いことが体に与える影響とは?

歯並びが気になっている人は多いのではないでしょうか?
今まではあまり気にしていなかったけど、人に言われて気になり始めたり、綺麗な歯並びの人を見て自分の歯並びの悪さに気づいたりする人が多いです。
しかし、歯並びは悪いけれど、見た目が悪いだけで何も問題はないのではないか、と考えて何もしない人もいらっしゃいます。
では、歯並びが悪いことによる影響はあるのでしょうか?
今回は、歯並びの悪さを気にしている方のために、その疑問にお答えします。

 

□歯並びの悪さが与える影響

*虫歯・歯周病になりやすい
歯並びが悪いと、歯を磨きにくいところがあります。
その部分を上手く磨けずに食べかすが溜まってしまうことで、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。
また、噛みあわせが悪くて口を自然に閉じることができない人や、口呼吸をしているため口が常に開いたままの状態の人は、口の中が常に乾燥していて水分が足りない状態になっています。
そのような乾燥した状態では、虫歯や歯周病を予防する働きをもっている唾液が十分につくられなくなります。
そして、口の中での予防ができずに、虫歯や歯周病になりやすくなるのです。

*発音や滑舌が悪くなる
噛みあわせが悪かったり、舌を自由に口の中で動かせない場合、言葉の発音や滑舌が悪くなりがちです。
特に、受け口の人に滑舌の悪い傾向がよく見られます。

*顎関節症になるリスクが高まる
顎関節症とは、口が開けづらくなる症状です。
歯並びが悪いと口を上手く開けられないため、この症状が起こりやすいと言われています。
また、顎関節症は歯並びだけが原因ではなく、日常に精神的ストレスを抱えていること、歯をくいしばる癖が原因であるとされています。

*笑ったときに気にしてしまう
歯並びの悪さが影響を与えるのは体だけではありません。
見た目が良くないことによる、こころの問題を抱えやすいのです。
ガタガタの歯並びをしていると、人と話しているときにどうしても気になってしまい、好きなように笑ったり話したりできない人もいらっしゃいます。
また、笑うときに口を隠す癖がついた、という声もよく聞きます。
歯並びが悪いことで人とのコミュニケーションを上手くとることができない、なんてことがあってはもったいないです。

 

□まとめ
ここまででお伝えしたように、歯並びが悪いと体に様々な悪影響を与えてしまいます。
歯の健康状態を維持するためにも、自信の持てる歯を手に入れるためにも、歯科矯正を始めることをおすすめします。
歯並びが気になっている方は、一度、歯科矯正をご検討されてみてはいかがでしょうか?

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP