1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 気になる子供の歯並び、受け口を治すなら矯正が最善策!

お知らせ

2018.03.04 ブログ

気になる子供の歯並び、受け口を治すなら矯正が最善策!

みなさんこんにちは。子供の歯並びが気になるのはすべての親御さんの共通点ではないでしょうか。日に日に成長していく我が子の身長と共に、徐々に形成される歯並びにも目が行きますよね。特に、受け口のようなタイプは子供の将来を考えると治してあげたいと強く思われる親御さんが多いのではないでしょうか。そこで今回は、受け口タイプの歯並びを治す矯正の費用とその期間について、受け口の原因と共に詳しく解説したいと思います。

 

■受け口とは?

受け口とは別名「下顎前突」「反対咬合」とも呼ばれます。これは上顎・下顎の大きさ・位置が原因で、噛み合わせが正常でない状態のことをいいます。簡単に言うと、下の前歯が上の前歯より前に出ている状態です。横顔を見てみると、しゃくれたような感じになっていることが多く、子供の頃から放置していると、徐々に三日月顔になってしまうため、できるだけ早めの治療が必要になってきます。口を閉じるとへの字のように見えるため、不満げな表情に見られてしまいます。

 

■なぜ受け口になる?

受け口になってしまう原因は様々ですが、一つ原因として挙げられるのは「遺伝」です。親から受け口となる遺伝子を受け継いで、何もせずに成長していくと受け口になる可能性が高いです。また、遺伝子が原因でない場合でも、元々上あごの発達が悪ければ、下あごが出てしまい、受け口になりやすい歯並びになってしまいます。他にも普段下の歯を舌で押す習癖がある場合も、受け口になる可能性を高めてしまいます。

 

■受け口を治す費用とその期間

受け口は場合によっては外科的施術であごの骨を小さくする必要がありますが、そのような施術を必要としない場合は歯並びの矯正で治すことができます。子供の頃に矯正をしてくと、かかる費用が安くなってきます。だいたい6歳から10歳くらいまでの第一期治療であれば、およそ10万円から40万円程度と言われています。それ以上になると、30万円から80万円程度の費用がかかってきます。また装着する期間も、使用する器具や歯並びの重度にもよりますが、基本的に早くて1年で長くて3年ほどです。

 

■まとめ

以上で受け口にまつわる費用と期間、その原因について詳しく説明いたしました。子供の歯並びをなるべく早い段階で綺麗にしてあげたいと思う一方で、矯正器具をつけることで子供の生活に支障が出るのではないかという心配もあると思われます。しかし、子供の時に治しておいた方が大人になってからより断然楽です。その辺も考慮して矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
  • whitening
  • Instagram
ページのトップへ