1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 第一印象を決めるのは歯並び!?見られるタイミングとは

お知らせ

2018.05.11 ブログ

第一印象を決めるのは歯並び!?見られるタイミングとは

 みなさんは、歯並びが第一印象にどれくらい影響を与えるか考えたことはありますか?
 自分の歯並びの悪さは自覚していても、どのように見られているかは自分ではわかりようがありませんよね。

歯並びの良い方が、印象が良く映ることは想像できますが、歯並びが悪いことは具体的にどのようなシチュエーションでどのような印象が持たれているのでしょうか。

そこで今回は「歯並びと第一印象」についてご紹介いたします。

【歯並びの悪い人が与える印象】

 歯並びが悪いことは具体的にどのような印象を与えているのでしょうか。
それには、「清潔感がない」「育ちが悪い」など偏見に近いものも一部混ざっているのです。

一方で、歯並びの良い人の第一印象には「清潔感がある」「育ちがいい」などポジティブなものばかり並びます。

第一印象には歯並び以外の他の要素も影響するのはもちろんですが、歯並びが悪いだけで印象も悪く映るのは嫌ですよね。
 では、どのようなときにあなたの歯は見られ、どのような印象を与えているのでしょうか。

【接客しているときは要注意!】

 接客時はお客さんと対面しているため、顔や口に注目されていてもおかしくはありません。そのときに、歯の色が黄ばんでいたり、歯並びがガタガタだったりするとその人に対する印象はあまり良くはないでしょう。
 接客時にネガティブなイメージを与えてしまうのは、できるだけ避けたいですよね。

【カラオケで歌っているときは要注意!】

歯並びの悪い歌手を見たことはありますか?
 多くの歌手は歯並びのきれいな白い歯をしています。

これは歌っているときは口元に注目されるため、ケアをしているのだと想像できますよね。

そのため、あなたが歌手でなくても、カラオケで歌っているときは周りの方はあなたの口元に注目しているかもしれません。

また、歯並びは発音にも影響を及ぼすこともありますので、カラオケで上手く歌いたい方は歯列矯正を受けてみてはいかがでしょうか。

【歯を見せて笑ったときも要注意!】

 当然ですが、笑ったら歯が見えますよね。そのときに歯並びが悪かったら、あまりいい印象を持ってもらえません。

本来笑顔を見せることは良い印象を持ってもらいやすいものです。
その笑ったタイミングで逆に良くない印象を与えてしまうのはあまりにもったいないです。


 以上、歯並びと第一印象について紹介いたしました。

人と関わっていく上で、第一印象は大事ですよね。

今では、目立たない歯列矯正器具もあり、歯列矯正に抵抗を持つ方も少なくなりました。
 自分磨きの一つとして、一度歯並びをきれいにしてみてはいかがでしょうか。
 興味のある方は、アップルの大人の矯正歯科にご相談ください。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
ページのトップへ