1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 歯並び・出っ歯を直したい方必見!その原因は日頃の習慣!?

お知らせ

2018.05.15 ブログ

歯並び・出っ歯を直したい方必見!その原因は日頃の習慣!?

「歯並びが悪いから直したい!」
「出っ歯が嫌!」
など、歯に関してお悩みの方は多いのではないでしょうか。

 歯並びが悪いことは遺伝によるものも多くありますが、実は日頃の習慣が原因となることもあります。
 そこで、今回は「日頃の習慣の歯並びへの影響」について、ご紹介いたします。
歯並びを悪くさせ、出っ歯になりやすい習慣とは何なのでしょうか。

【長い間指しゃぶりしていた】

 指しゃぶりをずっとしていた方は、上の前歯に上向きの圧力がかかってしまうため、出っ歯になりやすくなってしまいます。
 4歳を過ぎても、まだ指をしゃぶっているようでしたら注意が必要です。

【爪を噛む癖がある】

 これも、指をしゃぶるとき同様、上の歯に圧力をかけてしまうため、出っ歯の原因となってしまいます。

【口呼吸をしがち】

 上の2つは直接歯に触れるため、出っ歯になるやすい理由が想像しやすいですが、これは考えたことのない方が多いのではないでしょうか。

歯並びが悪い方や鼻炎をもっている方は、どうしても口呼吸になりがちです。
 歯並びとは、舌や頬の力などがかかることで正常な位置を保つことができます。

 

そのため、口を開けっ放しにしてしまうことは舌をさげてしまうことになり、上顎のバランスが悪くさせてしまいます。そして、さらなる歯並びの悪化に繋がってしまうのです。

【頬杖をする】

 頬杖をすることは、一方の頬だけに負荷がかかってしまうので、バランスが悪くなり、歯並びも悪くなってしまいます。
 ついつい頬杖をやってしまうこともありますから、歯を大切にしたい方は気をつけてみるといいかもしれませんね。

では、出っ歯になってしまったらどうすればいいのでしょうか。

【施術で直すことができます】

 一度なってしまった出っ歯は、自分の力で元に戻すことは極めて困難であると言えます。
 上述の歯並びを悪くする習慣を直すことはもちろん大事ですが、これは歯並びの悪さを悪化させないことにしかならず、それ以上の改善は見込めません。

自力で指で歯を押し続けて出っ歯を直すことは、かえって歯並びを悪くしてしまうこともあります。
 そのため、医師による施術に任せることが一番有効だと言えるのです。
 アップル小児矯正歯科では、インビザラインという方法での矯正をおすすめしています。

その特徴には、「痛くなりにくいこと」「目立たない」「付けるのが簡単」があります。
 歯科矯正に対して抵抗がある方でも、安心して使いやすいのが、この方法です。


【終わりに】

 以上、「日頃の習慣の歯並びへの影響」について紹介いたしました。
 お子さんのいらっしゃる方は、そのお子さんの歯並びを悪くさせないためにも、日頃の習慣をチェックしてみてはいかがでしょうか。
 歯並びを矯正するなら、アップル小児矯正歯科までご相談ください。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
ページのトップへ