1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 出っ歯を直したい方必見!綺麗な歯並びのためにおすすめの矯正方法

お知らせ

2018.08.31 ブログ

出っ歯を直したい方必見!綺麗な歯並びのためにおすすめの矯正方法

日本人には出っ歯が多いと言われています。
このブログをお読みの方の中にも出っ歯を直したいとお思いの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、日本人に多く見られる出っ歯の矯正方法をご紹介します。

 

◎出っ歯について

出っ歯は不正咬合(ふせいこうごう)と呼ばれ、上の前歯や顎が前方に突き出ている状態のことを指します。

また上の部分だけではなく、下の顎が後方に引っ込んでいたり、歯が重なったりねじれていたりする叢生(そうせい)という状態によって、出っ歯になっていることもあります。

 

◎なぜ出っ歯になるの?

日本人は上顎のアーチが縦長で、幅が狭いため出っ歯になる可能性が高いと言われています。
また、無意識的に行っている癖が原因で出っ歯になってしまっている場合もあります。

指しゃぶりや爪を噛む癖のある方は、無意識的に上の前歯に上向きの圧力がかかっています。

そして歯並びが悪かったり、鼻炎によって口呼吸になっている方は、口が開けっぱなしの状態が続くため、上顎のバランスが悪くなってしまいます。

 

◎出っ歯のデメリット

理想的な歯並びは、上下の歯が2mm程度重なっており、横から見たときに上の前歯が下の前歯より2mm程度前方に出ている状態の噛み合わせです。

出っ歯だと、噛み合わせが悪いため咀嚼がしづらかったり、発音が悪くなったりすることで、顎関節症や滑舌の悪さなどを引き起こす恐れがあります。

また、口が閉じにくくなるため、口内が乾燥してしまい、口内環境が悪くなって口臭や虫歯になったり、歯周病に繋がる可能性もあります。

健康的な問題はもちろんのこと、やはり見た目の印象も良いとは言えません。

そこで出っ歯の矯正におすすめしたいのが、透明のマウスピース矯正装置を使った「インビザライン」という矯正方法です。
インビザラインは、矯正大国であるアメリカ発祥で、世界中でもたくさん症例実績のある矯正方法です。

最新のコンピュータ技術を使った3Dシミュレーション画像を使って、歯の動きを予想して矯正計画を立てるため、従来のマウスピース矯正のように歯型を毎回取る必要がありません。

透明のマウスピースを使用するため、お仕事柄目立つ矯正装置はつけたくないという方や、矯正だとわかりづらいものが良いという方におすすめの矯正方法です。

日頃の癖や遺伝で出っ歯の矯正を諦めていたという方でも大丈夫です。
出っ歯は歯科矯正で綺麗に治すことができますよ。
インビザライン矯正をお考えの際には、ぜひアップル小児矯正歯科までお問い合わせくださいませ。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
  • whitening
  • Instagram
ページのトップへ