1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 歯並びが気になるかも…良くない歯並びの種類とそのデメリット!

お知らせ

2018.09.16 ブログ

歯並びが気になるかも…良くない歯並びの種類とそのデメリット!

「歯並びが少し気になるけどこれって一般的にはどうなんだろう?」
一般的にあまり良くないとされる歯並びには様々な種類があります。
あまり意識したことがなかった方もあてはまるかもしれません。

また、歯並びが良くないと様々なリスクが生じてしまうため、そのままにしておくと危険かもしれません。
そこで今回は、良くないとされる歯並びの状態と、歯並びのデメリットについてご紹介します。

 

□良くないとされる歯並び


・叢生(そうせい)
歯がガタガタに生えてしまっている。
八重歯もこれにあたります。


・出っ歯
上顎前突(じょうがくぜんとつ)と呼ばれます。上の前歯が前に飛び出してしまっている状態です


・受け口
反対咬合(はんたいこうごう)と呼ばれます。
下あごが前に出てしまっている状態です。


・開咬(かいこう)
奥歯を噛み合わせたときに、上と下の前歯の間に隙間が空いてしまう状態です。


・すきっ歯
歯と歯の間に隙間ができてしまっている状態です。


・かみ合わせが深すぎる
過蓋咬合(かがいこうごう)と呼ばれます。
口を閉じたときに、上の前歯が下の前歯を覆い隠してしまっている状態です。


・全体的に前歯が前に突き出している
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)と呼ばれます。
上下の前歯が前に突き出してしまっている状態です。


・歯茎が目立つ
口を開けたり笑ったりしたときに歯茎が目立ってしまう状態です。

 

□歯並びが悪いことのデメリット


・虫歯や歯周病になる可能性が高くなる
歯並びが良くないと歯磨きが上手くできないため、虫歯や歯周病になりやすくなります。
虫歯の治療を行っても再発しやすいといわれています。
また、歯周病は口臭の原因にもなります。


・発音が悪くなる
普段会話をするとき、発音があまり上手くできないという方はいませんか?
もしかするとそれは歯並びのせいかもしれません。
歯並びが良くないと、前歯をこすり合わせて発音するサ行の発音が上手くいかない場合があります。


・印象がよくない
歯並びに自信がなければ、他人の目が気になってしまい、笑顔にも自信がなくなってしまいます。
自分自身がコンプレックスに感じてしまうこともあり、歯並びにも笑顔にも自信がある人とは大きく印象が変わってしまいます。

 

□まとめ


今回は歯並びが気になるという方に、あまりよくないとされる歯並びの例と、そのデメリットについてご紹介しました。
歯並びが良いと見た目にも良い印象を与えられるだけでなく、健康面でもメリットがあります。
ぜひ一度ご自身の歯並びを見直してみてはいかがでしょうか。

アップル小児歯科矯正歯科では、土日でも矯正治療のご相談を受け付けております。
少しでも歯並びに不安があれば、当院までお気軽にご相談ください。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
  • whitening
  • Instagram
ページのトップへ