1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 歯並びを治そう!子供の受け口には早期矯正がお勧めな理由とは?

お知らせ

2018.10.30 ブログ

歯並びを治そう!子供の受け口には早期矯正がお勧めな理由とは?

皆さんは「受け口」という言葉をお聞きになったことがありますか?
受け口とは、ある状態の噛み合わせのことを言い、歯科医などで矯正することで治すことができる症状です。
本日はそんな「受け口」について簡単に説明いたします。

 

□受け口とは?


受け口とは別名「反対咬合」、もしくは「下顎前突」と呼ばれる症状のことをさします。
具体的な症状は、本来の上下の噛み合わせが「反対」の噛み合わせになっていることを言います。
本来ならば「上の歯が前、下の歯が後ろ」の噛み合わせなのですが、それが「上の歯が後ろで、下の歯が前」になっている状態です。

□受け口の原因


受け口の原因は人によって様々です。
ここでは代表的なものを3つご紹介いたします。

 

*遺伝によるもの


受け口は、遺伝する可能性があります。
両親の片方、もしくは両方が受け口だった場合、その子供にも遺伝して受け口になる可能性が高いです。

 

*成長速度の差


上と下の顎の成長に差があることが受け口の原因になる場合もあります。
上の顎の成長速度が遅い、もしくは下の顎の成長速度が速いと、上と下の顎の成長に差がでるので受け口になってしまいます。

 

*日々の舌の動きによるもの


人によって舌の位置や動きはバラバラです。
舌の先が下側に位置しており、日常的に下顎の前歯を前に押し出している人は注意が必要です。
私達の歯は、良い意味でも悪い意味でも変化しやすくなっています。
そのため日常的に少しの圧力がかかっていても、歯の位置を動かす原因となり、結果的に受け口に繋がってしまいます。


□受け口を治すべき理由


受け口は治した方が良い症状です。
特に小さいお子さんなどの場合は早めに解決すべきでしょう。
その理由を2つご紹介いたします。

 

*成長が遅れる


1つ目の理由は「成長が遅れてしまうこと」です。
受け口の方は、上の前歯と下の前歯の噛み合わせが悪いので、どうしても咀嚼が上手に行えなくなってしまいます。
上手に咀嚼が行えないと、食べ物を上手く噛むことができないため、「消化」の段階で栄養を十分に吸収できなくなります。
さらに上手に咀嚼することと脳の活動は密接に関連しています。
つまり受け口を放置していると、「脳の成長」も鈍くなってしまう可能性があるのです。

 

*体全体のバランスが悪くなる


2つ目は「体全体のバランスが悪くなること」です。
人の体は一部分に異常があれば、体全体で支えようとするため、全身に無理な負担がかかるようになっています。
つまり「受け口」が全身に負担をかけるきっかけにもなってしまうのです。


□終わりに


「受け口」の症状をお持ちのお子さんは、矯正治療を受けてみてはいかがでしょうか?
ご相談等ございましたら是非アップル矯正歯科までご連絡くださいませ。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
  • whitening
  • Instagram
ページのトップへ