1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 気になる歯並びの重要性とおすすめの矯正について紹介

お知らせ

2019.01.03 ブログ

気になる歯並びの重要性とおすすめの矯正について紹介

接客業などをされている方にとって、歯並びはとても重要です。
歯並びが良くないと、それがコンプレックスになり、笑う際に気になってしまいますよね。
また、第一印象において、歯並びが良いに越したことはありません。
歯並びをよくするためには、矯正治療が一般的ですが、歯に金属をはめるのに抵抗がある方が多いです。
そういった方は、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)がおすすめです。
今回は、歯並びの重要性とマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)について紹介します。

□歯並びの重要性
*歯並びが悪いと
接客や営業など人と接する仕事をする上で、歯並びがコンプレックスだとうまく笑うことができず、表情が不自然になってしまいます。
そのため、相手に変な印象を与えてしまい、仕事に影響が出る恐れがあります。
歯並びは、見た目の部分だけ重要視されがちですが、実は健康にも影響を及ぼすともされています。
歯並びが悪いと、噛み合わせが悪くなり、あまり食べ物が細かく噛み砕かれないまま胃に送り込まれるため、胃に負担がかかり胃腸病などになってしまう恐れがあります。
また、歯と歯の隙間に食べ物が挟まることが多く、虫歯になってしまう可能性があります。
これらのトラブルを防ぐためにも、矯正は重要となります。
ただ、矯正は装着している際に金属の部分が目立つため、敬遠される方が多いです。
そういった方におすすめなのが、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)です。

*マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)とは
マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は、金属の矯正と違い、ポリウレタン製の素材でできているため、透明で目立ちにくいという特徴があります。
近くでよく見ないとつけていることがわからないほどであるため、販売や接客などでもお客さんの目線をあまり気にすることなく仕事に取り組むことができます。
つまり、周囲に気付かれずに矯正をすることができるということです。
また、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)はマウスピースのため取り外しが可能となっています。
取り外すことができるため、食事の際は、矯正特有の違和感がありません。
ただ、食事の後はしっかり歯磨きをしてからマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)を装着するようにしましょう。
また、歯磨きもいままで通りできるため、衛生面でも心配ありません。
金属の矯正をつけるのに抵抗があるという方は、ぜひマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)をおすすめします。

□まとめ
今回は、歯並びの重要性とマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)について紹介しました。
歯並びや矯正に関するご相談は、ぜひアップル小児矯正歯科にお問い合わせください。

 

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
  • whitening
  • Instagram
ページのトップへ