1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 先端の矯正「インビザライン」|年齢別による虫歯の予防方法とは

お知らせ

2019.04.11 ブログ

先端の矯正「インビザライン」|年齢別による虫歯の予防方法とは

「虫歯」は、聞くのも嫌な単語だと思います。
虫歯は、縄文時代から存在し、縄文時代の人たちはより多くの人が虫歯に苦しんでいたそうです。
もし、虫歯になってしまうと通院する費用や時間、手間が増えてしまいます。
虫歯は、子供、お母さん、お父さんがなっても困る共通の病気です。
また、年齢によって虫歯になる場所は違います。
そこで、今回は、年齢別の虫歯の対策方法、治療法についてお話しします。

 

 

□年齢別の虫歯がなる場所、対策法

虫歯を見分けるためには、歯の色、歯と歯の間に注意する必要があります。
虫歯の可能性がある場合、歯が黄色または黒い場合です。
奥歯で虫歯が多い場所は、一番奥とその手前の歯の間です。
ではこれから、主に子供の年齢による虫歯ができる場所、対策方法についてご紹介します。

 

*0~2歳までの場合

この年の子供は、おそらく全ての乳歯が揃っていません。
つまり、できやすい場所は、上の前歯と歯の間や歯茎と歯の間です。
この年の子に、対策することは、お母さんが管理するしかありません。
食生活、毎日のチェックが大切です。

 

*3歳以降の場合

この年の子供は、乳歯がほとんど揃っているので、奥歯まで確認する必要があります。
虫歯ができやすい場所は、奥歯の溝や歯と歯の間です。
この年の子になれば、歯のチェックと間食を食べ過ぎないこと、歯磨きができます。
対策は、以上の3点を主にしていれば、大丈夫です。

 

*6歳以降の場合

この年になると、乳歯の奥に6歳臼歯が生えてきます。
6歳臼歯は、永久歯のため、虫歯になるとこれからの生活に影響が起こります。
しかし、6歳臼歯は、溝が深いため、歯ブラシで取りづらく虫歯になる可能性が高いです。
6歳臼歯から他の歯を見ることを心がけた方が、チェック忘れが減ります。
ここでの解決策は、これまでと変わりません。

以上が年齢別の虫歯の解決策です。

 

 

□対策法

虫歯で重要なことは、歯ブラシで歯垢(しこう)をできるだけ取り除くことです。
しかし、歯並びが悪いことが原因で、歯ブラシが全体に回らず歯垢が残ってしまうことがあります。
この場合、矯正が対策方法です。
そして、今回は、先端の矯正「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」をご紹介します。
このインビザラインは、透明な取り外し可能なマウスピースです。
そして、最低、1日約17時間の装着を守れば、食事の時や歯磨きの時は取り外しが可能です。
また、一人一人にあったオーダーメイド性なため、適切に歯並びを整えることができます。

 

 

□まとめ

今回は、子供における年齢別の虫歯ができる場所や対策方法についてお話ししました。
虫歯の予防を考えておられる方がこの記事を参考にしていただけると幸いです。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
  • whitening
  • Instagram
ページのトップへ