1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 先端治療「インビザライン」|出っ歯の治療にかかる費用で本当はいくらなのか

お知らせ

2019.04.23 ブログ

先端治療「インビザライン」|出っ歯の治療にかかる費用で本当はいくらなのか

「子供が出っ歯で、学校でいじめられていたらどうしよう。」
「子供が大人になったときに、出っ歯のままだと辛い思いをしないかな。」
このようなお悩みをお持ちのお母さんは、いらっしゃいませんか?
出っ歯を治すか治さないかを決めることは、重要です。
この問題に対して、費用面とこれからの治療方についてお話します。

 

 

□治療にかかる費用

出っ歯とは、乳歯が生え変わり始める7歳頃から上の前歯4本が永久歯に生え変わった時点でわかります。
また、顎の骨に異常がある場合はこの時期の治療が多いです。
歯並びの治療においては、上下それぞれの歯の成長を確認し、状況に応じて成長を促進する装置を使用します。
これから出っ歯の主な2つのケースをご紹介します。

 

*歯を抜かないで治すケース

歯を抜かないで治すケースは主に2つあり、永久歯を一本も抜かずに上下の歯の噛み合わせを改善する方法です。
まず、1つ目の方法は、装置を用いて前歯から奥歯全てを後ろの方へ移動させる方法です。
2つ目の方法は、下顎の成長を促進させて上顎とのバランスをよくすることです。
費用は、基本料金、装置にかかる費用、初診料、精密検査料、通院費用です。
治療にかかる一般的な総額は約50~100万円です。

 

*歯を抜いて治すケース

前歯が大きく出ているため、前歯を引っ込めるスペースを1本抜いて作成して前歯を移動することで美しく整えます。
治療にかかる一般的な総額は、装置を用いた場合とあまり変わりません。

 

 

□先端の治療方法

出っ歯を治療する上で様々な問題が起こります。
矯正装置が目立つ、痛いといった問題です。
これを解決する先端の矯正装置があります。
それは、「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」です。
これは、色が透明なため、周りからの視線を気にすることなく、装着することができます。
また、マウスピース型なので取り外しが可能です。
食事のときや歯を磨くとき、ストレスに感じて一度外したいときに取り外しが可能です。
インビザラインは、一人一人に合わせたオーダーメイドで製造されます。
つまり、子供や大人、全ての方に使っていただける先端の装置です。
気になる価格は、約50~100万円です。
一般の矯正と費用は、ほとんど変わりません。
アメリカで作られ、2006年に日本でも導入され約10年以上になります。
信頼性においても、問題はありません。

 

 

□まとめ

今回は、治療にかかる費用や先端の治療法についてご紹介しました。
これより治療しようと考えられている方が、この記事を参考にしていただくと幸いです。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
  • whitening
  • Instagram
ページのトップへ