1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 先端の矯正「インビザライン」|虫歯にならないために、家族が子供にする予防方法

お知らせ

2019.04.27 ブログ

先端の矯正「インビザライン」|虫歯にならないために、家族が子供にする予防方法

「子供が虫歯になると、会社を休んで歯医者に行かなければならないので、虫歯を防ぎたい。」
「我が子は、お菓子が好きだけど、虫歯が気になる。」
このようなお悩みをお持ちのお母さんはいませんか?
一度虫歯になってしまうと、治すために時間や費用がかかります。
一番いいことは、虫歯にならないことです。
そこで、今回は、虫歯にならない予防策を、「生活習慣を変える」と「歯並びを良くして、虫歯の予防を行う」この2点について、お話しします。

 

 

□生活習慣を変える

ここでは、虫歯ができる原因と予防策の2つに分けて、お話しします。
虫歯ができる原因は、口の中にいる虫歯菌です。
虫歯菌は、糖を摂取し、酸を出します。
この酸は、歯を溶かし、歯を痛めます。
歯が酸により溶けたからです。
つまり、糖が虫歯を予防するために重要なキーワードです。

 

*予防策

主な予防策を2つご紹介いたします。
1つ目は、歯磨きです。
歯磨きで、重要なことが歯垢(しこう)を取り除くことです。
歯垢の中には、虫歯を引き起こす可能性がある菌が多く存在します。
歯垢をしっかりと取り除くことができないと、菌は時間とともに酸を多く出し、虫歯に繋がります。
2つ目は、間食を控えてなくすことです。
間食には、糖が多く含まれています。
間食をする分だけ、糖を菌に与え、虫歯を促す原因になります。
この2つの対策をしても、虫歯ができてしまう方は、虫歯菌が人より多い場合や歯が弱い場合があります。
このような場合は、病院に行き、医師に見てもらうことをおすすめします。

 

 

□歯並びを良くして、虫歯の予防を行う

もともと、歯並びが悪く歯磨きがうまくできない方は、矯正することが予防の1つです。
ここで、「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」をご紹介します。
このインビザラインは、色が透明で、取り外し可能なマウスピース型であることです。
つまり、見た目が目立ちにくく、歯磨きや食事のときに外すことで、いつも通り生活できます。
注意点は、あくまで矯正装置なため、1日約17時間は装着する必要があることです。
この注意点さえ守ることができれば、画期的な矯正方法です。

 

 

□まとめ

今回は、虫歯についてお話ししました。
虫歯は、0であれば問題はありません。
虫歯をできるだけ0に近づけるためにも適した予防方法を行う必要があります。
子供、お母さん、お父さん全員が虫歯にならないためにも、歯磨き、間食の食べ過ぎにはご注意してください。
この記事をこれからの予防に繋げていただけると光栄です。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
  • whitening
  • Instagram
ページのトップへ