1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 子供の出っ歯が気になる|矯正を始める時期について教えます!

お知らせ

2019.05.31 ブログ

子供の出っ歯が気になる|矯正を始める時期について教えます!

「子供に矯正をさせたい。」
「矯正をいつから始めたら良いのかわからない。」

歯を矯正する際によく悩まれるのが矯正を始める時期ではないでしょうか。

そこで今回は、出っ歯など子供の歯並びにお悩みの方必見、最適な矯正時期について解説します。

 

□子供の矯正はいつ始めれば良い?

 

一般的にオススメされるのは永久歯が生え始める5〜7歳ごろです。
早めに始めることで子供さんの骨格の成長を利用することができ、比較的容易に歯並びを改善することができます。

また早期治療によってあごの過剰な成長を防ぐこともできますし、出っ歯や受け口にならないように骨格の改善も期待できます。

例えば最近ではあごが小さい子供さんが多くなっており、歯が重なったり八重歯になったりするケースも多いです。
そこであご自体を大きくすれば、永久歯の生えるスペースを確保できるので、歯並びを根本から治すことができます。

□費用から見た矯正時期

 

子供の矯正実際は二つの時期に分かれます。

*1期治療 6歳から小学校中学年まで


この時期の治療にかかる費用は10万円から40万円程度です。
また乳歯の生え始めの時期になります。
永久歯が綺麗に生え揃うようにあごの調整をうまく行う矯正が中心です。

*2期治療 小学校高学年から中学生あたりまで


費用は30万円から60万円程度です。
永久歯が生えそろった後がこの時期に相当します。
基本的な治療は大人と同様ですが、子供だと比較的安くなっています。

費用から見ると、なるべく早い時期から矯正を行うのが良いです。
しかしながら、子供の歯の状態には個人差があるため、必ずしも安くできるとは限りませんので注意してください。

□保険の適応について

子供の矯正治療は、正しい歯の機能を得ることやあごの成長を十分に考慮することを目的としています。
しかし現行の医療制度では健康保険の適用外となっています。
しかし、先天的な病気が原因で歯並びに問題がある場合には健康保険が適応されるケースもあります。

□まとめ

以上、子供の矯正を始める時期についてご紹介しました。
子供の歯の矯正は、最適な開始時期の見極めが大切です。
また子供の歯並びの状態によって費用面で個人差があることは頭に入れておきましょう。

今回の記事を参考に、矯正についてぜひご検討してみてください。
また、当院には矯正や子供の歯並びについて詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
  • whitening
  • Instagram
ページのトップへ