1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. インビザラインのアタッチメントの装着期間について

お知らせ

2019.06.04 ブログ

インビザラインのアタッチメントの装着期間について

「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)とは何?」
「矯正装置について詳しく知りたいな。」

インビザラインのアタッチメントをどれくらいの期間、装着するかは矯正を行う前にしっかり把握しておくべきです。

そこで今回の記事では、これからマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)を検討している方必見、アタッチメントの装着期間について解説します。

 

□マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)の特徴

 

取り外し可能で、治療中も容易に歯のお手入れができるので口腔内を健康に保つことができます。
また、他の矯正に比べて目立ちにくいため、矯正中であることを周囲に気付かれにくいのも特徴です。

 

□アタッチメント装着期間について

 

アタッチメントとはインビザラインが歯にしっかりと固定され、歯を動かすための圧力がかかるように 設置する白い突起物のことです。
アタッチメントはマウスピースの矯正能力を強めてくれる大切な要素です。

また従来のものと比べて舌や粘膜を傷つけることもなく、色も歯の色に近いので目立ちにくいです。

このアタッチメントですが、基本的には治療終了時に外します。
つまりアタッチメントの装着期間はインビザライン治療に必要な期間とイコールになります。

フル矯正の場合は一般的には1〜3年程度かかります。
ただし歯の距離や本数、状態などによって期間が異なることに注意しましょう。

また、前歯だけといったような気になる部分だけ行う部分矯正の場合は1年以内に終わることもあります。
早ければ数ヶ月で終わる人もおり、期間にはかなり個人差があるち考えておきましょう。

 

□まとめ

 

以上、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)のアタッチメントの装着期間についてご紹介しました。

歯の矯正は、歯並びを綺麗に整えるだけでなく、笑顔に自信を持てるようになったり、お子さんの歯への関心が高くなったりする効果もあります。

今回の記事を参考に、お子さんの矯正について検討してみてください。

また、当院には矯正について詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、時間をかけてカウンセリングを行いますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
  • whitening
  • Instagram
ページのトップへ