1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 歯並びを矯正するための費用は?|種類別に費用相場をご紹介

お知らせ

2018.11.19 ブログ

歯並びを矯正するための費用は?|種類別に費用相場をご紹介

矯正を検討されている方の中には、
「どのくらいの費用がかかるのか」「予算内で収まるのだろうか」
と不安に感じている方も多いのではないでしょうか?
「大きなお金が必要になるとは聞いているけど、実際のところ、どのくらいの費用がかかるのかわからない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。
矯正には様々な種類があり、それぞれ費用が異なります。
予算内で、綺麗な歯並びを手に入れるためにも、今回は、歯列矯正にどのくらい費用がかかるのか、種類別にご紹介します。

 

□歯並びを矯正するための費用


歯列矯正には主に「ワイヤー矯正」「マウスピース矯正」「部分矯正」「床矯正」という矯正方法があり、「ワイヤー矯正」には、歯の表側から矯正するものと、裏側から矯正するものがあります。

それぞれの矯正方法によって、どのくらいの費用が必要になるのか、種類別に費用相場をご紹介していきます。

 

*ワイヤー矯正(表側):約80~100万円程度


歯の表側にブラケットと呼ばれる箱型の装置をつけ、そこにワイヤーを通して、引っ張る力を調節しながら徐々に矯正していく方法です。
歯を動かしやすい矯正方法で、矯正に必要な期間は比較的短くなっています。
また、ブラケットの色は、シルバータイプと透明タイプがあります。

 

*ワイヤー矯正(裏側):約120~150万円程度

 


表側とは逆に歯の裏側にブラケットを装着して、歯を動かしていく矯正方法です。
表側の矯正に比べて、費用が高くなる傾向があります。
また、歯の裏側に装置があり、装置が舌に触れるため、多少の違和感や発音のしくさがデメリットです。

 

*マウスピース矯正:約80~120万円程度


マウスピース型の矯正装置を継続的に装着することで、矯正する矯正方法です。
マウスピースは、データ分析から計画されたプランに基づき、期間をあけて交換されていきます。
マウスピースは取り外しができるのが特徴で、今までと同じように飲食や歯磨きができるという点がメリットです。

 

*床矯正:約20~40万円程度


プレート状の矯正装置を装着して、顎の拡大を図ることで、歯並びを整える矯正方法です。
成長段階にある子どもの矯正治療に用いられています。

 

□費用を踏まえて最適な治療法選びを


今回は、歯列矯正にどのくらい費用がかかるのか、種類別にご紹介しました。
矯正治療にかかる費用は、医療保険がききませんので、決して安いというわけではありません。
したがって、費用を考慮した上で、適切な治療法を選ぶことが大切です。
治療を受ける方の状態や、私生活も考慮して、ライフスタイルにあった矯正方法を選びましょう。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
  • whitening
  • Instagram
ページのトップへ