お知らせ・コラム

矯正・審美歯科コラム

苫小牧市にお住まいの方必見!矯正が失敗したときの対策とは??

「歯列矯正を考えているけど失敗が怖い」
「万が一、失敗したときはどうすればいいの?」

このように、歯列矯正を不安に感じる方はいらっしゃると思います。
今回は、歯列矯正の専門家が歯列矯正が失敗したときの対策を解説します。

 

□失敗したと考えられるケース

*あごがずれている
歯列矯正は、歯に強い力をかけて歯を動かします。
その結果、あごがずれて、かみ合わせが悪くなる場合があります。
また、見た目にも影響を与えるかもしれません。

*歯の位置がもとに戻ってしまった
歯列矯正した後、また元の位置に戻る場合があります。

*無駄に歯を抜いてしまった
歯列矯正をする際、抜歯をする場合があります。
もし、矯正に関係のない歯を抜いてしまったら、その部分から悪影響を及ぼす可能性があります。

 

□失敗の原因

*複雑な歯並び
あまりにも歯並びが複雑な方は、矯正治療に時間がかかります。
場合によっては、外科手術が必要です。

*歯列矯正後のケアを怠った
歯列矯正の治療が完了しても、歯は元の位置に戻ろうとします。
そのため、寝るときはマウスピースを付けて歯が動かないようする方法があります。

*あごが小さい
子供の場合、あごが小さいため、うまく歯列矯正できない場合があります。
子供のあごは、成長しやすいため、子供に合わせた歯列矯正が必要です。

 

□対策

*費用だけで選ばない
歯列矯正には、大金が必要です。
そのため、できるだけ安く治療を受けたいですよね。
確かに、安く治療できるのに越したことはないです。
しかし、値段だけを見て治療をするのは危険です。
その病院の評判や、適切な治療を行ってくれるのかを基準に治療方法を選びましょう。

*転院する
現在治療している矯正歯科から別の矯正歯科に移りましょう。
知り合いやネットの評判を見て選ぶことをおすすめします。

*セカンドオピニオンを聞く
セカンドオピニオンとは、かかりつけ医ではなく、他の病院の先生からその治療に対する意見をもらうことです。
医者によって、知識や経験は異なります。
そのため、現在治療を受けている矯正歯科では得られなかった治療方法や意見をもらえる場合があります。

 

□まとめ
今回は、歯列矯正の専門家が、歯列矯正が失敗したときの対策を解説しました。
歯列矯正は、長期間治療が必要なので、絶対に失敗したくないですよね。
当社では、歯列矯正の専門家が、お客様に合わせた矯正プランをご提案します。
歯列矯正でお悩みの方は、ぜひ一度、当社までご連絡ください。

ご予約/お問合せ
0120-567-418
 または 0144-35-5524
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
TOP