1. トップ
  2. お知らせ・トピックス
  3. 治療の期間や流れを知りたい!マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)について

お知らせ

2018.08.07 ブログ

治療の期間や流れを知りたい!マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)について

透明のマウスピースを用いて歯列矯正を行う「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)」(以下、インビザライン)。従来の矯正方法に比べて目立ちにくく、症例実績も多いことから近年人気の高い矯正方法の一つです。

では実際に、治療完了までにはどれほどの時間がかかるのでしょうか。インビザラインの矯正期間や治療の流れについてご紹介します。

インビザラインは何がいいの?

一般的な矯正方法はワイヤーを使って歯を締めて位置を動かしますが、インビザラインでは複数のマウスピースを使って矯正を進めます。あらかじめ歯の移動を三次元的にシミュレートし、段階的に必要となる個数のマウスピースを最初に製作します。あとは治療完了まで徐々に取り換えるという仕組みです。

インビザライン最大の特長は、なんと言っても歯に金具をつける必要がないこと。矯正中も周りの人に気付かれにくく、柔道やアメフトといった接触の多い激しいスポーツをしている方や金属アレルギーの方も安心して利用できます。また、歯の全体を覆って短いスパンで歯を動かしていくため、痛みをほとんど感じないのも支持される理由といえます。

他にも取り外しが可能なので、従来の矯正器具では食べることが制限されていたものでも口にすることができたり、今まで通り歯磨きもできるので常に口内を清潔に保てます。

 

治療の流れ

・カウンセリング・検査

はじめに病院でカウンセリングを受けます。あらかじめ確認事項を用意しておくとスムーズでしょう。

質問例
・現在の歯並びの状態
・治療への懸念
・治療経験の有無
・費用 など

治療を受けると決めたら口内の検査や歯型取り、レントゲン撮影などを行います。所要時間は併せて2時間程度です。 当院にはクリニカルコーディネーターが在籍しているので、現状のお悩みや理想の歯並びなど、些細なことでもお気軽にご相談ください。

jonathan-borba-v_2FRXEba94-unsplash2

・治療計画とマウスピースの製作

骨格や歯の動きを予想し、約3週間かけて治療計画と仕上がりの予想図を作成します。内容を確認後マウスピースを製作し、並行して歯全体のクリーニングを行います。

マウスピースが完成したら矯正を開始しますが、その際にアタッチメントも装着します。アタッチメントとはマウスピースが歯にしっかりと固定され、歯を動かすための圧力がかかるように設置する白い突起物です。つまりマウスピースの矯正能力を高める役割を担っています。またインビザラインのアタッチメントは従来のものと比べて舌や粘膜を傷つけることなく、歯の色に近いため目立ちにくいのが特長です。

・マウスピースの交換、定期検診

マウスピース1個につき、約0.25mmずつ歯を移動させるよう設計されています。約2週間かけて移動させ、その都度マウスピースを交換します。また1~2カ月ごとに医師の検診を受け、矯正の進捗や歯茎の様子を確認します。その際に、進み具合に応じた形のマウスピースを受け取ります。

治療における期間や回数

インビザラインを利用するにあたって、治療におけるさまざまな期間や回数の目安は以下の通りです。

・治療期間:6か月~3
・歯型を取る回数:13
・マウスピースが完成するまでの期間:約2か月
・1日の装着時間:20時間以上
・マウスピースの交換:70回~80

一般的な歯列矯正の場合、矯正期間は2~3年とされています。そのためインビザラインも最長3年ほどが目安となりますが、症状の程度や矯正箇所によっては6カ月ほどで終わることもあります。多くの場合は必要な期間の前半に歯の移動を行い、残りを微調整と歯並びの固定に使います。自分の症状と希望する終了時期をふまえて計画を立てることが大切です。

 

ここに注意!

インビザラインを始めるにあたって、いくつか注意点があります。

まず、歯の重なりが大きかったり骨格そのものがズレている方、部分矯正を望む方は利用することができません。また、抜歯やむし歯治療が必要な場合はそれらを完了させてからの治療となります。

次に、通院の手間が省ける分、装着時間やお手入れの自己管理能力が求められます。マウスピースの装着時間が20時間未満であったり、矯正中にむし歯ができてマウスピースを作り直すことになった場合は、矯正期間が長引くこともあります。また、近年では技術の進歩により抜歯を伴う治療も可能になってきましたが、難症例の場合は対応できないこともあります。

疑問や悩みの解消が歯列矯正の第一歩

今回はインビザラインの矯正期間や治療の流れについてご紹介しました。

まずは病院でご自身の歯の状態を知り、疑問や悩みを解消することが歯列矯正の第一歩です。見た目を気にして矯正に気が進まない方でも、インビザラインならきっと取り組みやすいでしょう。

当院ではインビザラインを使った多数の症例実績がありますので、興味を持った方はぜひ一度お越しください。お待ちしております。

※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

診療や健診の予約・お問い合わせはこちら
医療法人 社団PDS アップル小児矯正歯科
〒053-0033 北海道苫小牧市木場町2丁目3-1
0120-567-418
または0144-35-5524
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセスはこちら
  • 大人の矯正ウェブサイト
  • whitening
  • Instagram
ページのトップへ